Published by itouya on 13 7月 2016

「市田柿」ブランド保護登録へ

 農林水産省は12日、国が地域の農林水産物や食品をブランドとして保護する「地理的表示保護制度(GI)」の対象に、長野県飯田市などの「市田柿」と、福井県鯖江市の「吉川ナス」を登録したと発表した。GIは昨年12月から登録が始まり、14品目となった。
 市田柿は、地域発祥の糖度の高い品種を用いた小ぶりな干し柿で、あめ色でもっちりとした食感。生産農家にかけられる「柿のれん」は風物詩となっている。(略)

毎日新聞2016年7月13日〜農水省ブランド保護登録「市田柿」と「吉川ナス」に〜の記事より紹介しました

Published by itouya on 03 7月 2016

富山「しろえび撰」



富山の「しろえび撰」
しろえびは富山湾の宝石と呼ばれている(商品パッケージより)
薄焼きなのにぱりぱり食感がクセになります。
白エビの風味とほんのり塩味なので飽きがこない、
何枚でも食べられそうです。

日の出屋製菓産業

Published by itouya on 29 6月 2016

天竜峡「樵廡洞」にくさびが打ち込まれる

 長野県飯田市の国の名勝「天竜峡」では、高さ約10メートルの巨岩「樵廡洞」に少なくとも63本のくさびが打ち込まれているのが確認された。
 「樵廡洞」は天竜川右岸に面し、ひさしのように90度以上の角度で傾斜している部分もある。危険なため普段から周囲には立ち入り禁止になっている。くさびは今年3月、地元住民が見つけ、市に通報した。岩の下部から頂上まで約10メートルにわたって打ち込まれ、中にはさび付いたものもあった。「樵廡洞」には軟らかい花こう岩も交じっていることから、くさびを抜くと崩落する恐れがある。市は文化庁に、「毀損届」を提出し、対応を検討している。市によると現場付近でのクライミングの目撃情報は寄せられていない。(略)天竜峡は飯田市を流れる天竜川の峡谷で、1934年に国の名勝に指定された。長野、愛知、静岡の3県にまたがる天竜奥三河国定公園内にあり、自然公園法で特に警官の保護が定められている第1種特別地域にも指定されている。

毎日新聞2016年6月29日〜名勝岩肌にくさび 文化庁が緊急調査「打ち込み63本長野「天竜峡」(湯浅聖一氏による)〜より紹介しました

Published by itouya on 07 6月 2016

マーロウの焼きプリン



1984年にレストランとしてオープンしたマーロウの代表的なデザートであるプリン。
ビーカー入り手作り焼きプリンは人気で、テイクアウト商品となったとのこと。
シンプルながらしっかり味、飽きがなく大容量ですが1個食べられてしまう。
歴代でモデルチェンジしているというビーカーはそのままグラスとして使えますね。

サイトはマーロウ

Published by itouya on 30 5月 2016

メロンようかん、ファーマーズマーケットで販売

 茨城県鉾田市にあるJAほこたの直売所「ファーマーズマーケットなだろう」では、一風変わった「メロンようかん」(540円、210グラム)を販売している。
 茨城県はメロンの収穫量全国一。その一大産地の鉾田市で、傷が付いたり、サイズが小さかったりなどといった理由で、正規品にならない地元産メロンを有効利用しようと、水戸市の亀印製菓が中心となって開発。羊かん作りのノウハウがあり、「まだ商品化されていないものを」という思いから、羊かんとメロンを組み合わせたという。白あんと果肉が残るようにピューレ状にしたメロンを使うため、羊かんでありながらメロンの粒感を楽しむことができる。「なだろう」(鉾田市飯名537の1)では、ほかにメロンリキュールや「あまエルトマトジュース」などが人気。午前9時半〜午後6時で、元旦を除き無休。東関東道茨城空港北インターチェンジから車で約15分。

毎日新聞2016年5月30日〜直売所だより「メロン果肉感じる羊かん」(篠崎真理子氏による)〜より紹介しました

Published by itouya on 19 5月 2016

和菓子かと思った!久右衛門の吸物



林久右衛門商店のお吸物です。
和菓子かと思いました!
具をつつんだ最中には餅米を使用している(説明書より)ので、
和菓子と見まごうわけです。

参考林久右衛門商店

Published by itouya on 08 5月 2016

三万石の「三千里」



三万石の商品「三千里」です。
三万石といえば、ままどおるが有名です。
皮がもちもちとしっとりしていて、柔らかい食感。
ほっとする癒やしの和菓子です。

三万石

Published by itouya on 28 4月 2016

お茶とお茶菓子

(毎日新聞に掲載された辰巳芳子さんの文章から)
 お茶は茶葉とお湯だけの関係です。真心こめてお茶をいれられない人は料理も作れません。料理はおいしいお茶をいれることから始まります。昔、地方によっては、家の主人がお客さまのおもてなしにお茶をいれてさしあげたものです。お客さまをねぎらい、よい関係を築くための心得だったのです。
 玉露や煎茶は70度ぐらいに湯冷まししたお湯で、ゆっくりじっくり茶葉を開かせていきます。お茶をいじめずにいれるとお茶のいいところだけがでてきます。苦みが少なく、香り、うまみが立ち上がります。自然農法で作られたお茶は雑味がなくすっきりした味で、毎日安心して飲むことができます。お茶はお茶菓子とともに楽しんでください。お茶にあわせお茶菓子を選ぶのも日本の食文化ならではのものです。

毎日新聞2016年4月26日〜くらしナビライフスタイル・辰巳芳子さんと生産者「お茶」“辰巳さんの一言”〜より紹介しました

Published by itouya on 15 4月 2016

もなかの皮で新業態の店

和菓子製造・販売の十勝たちばな(東京・世田谷)は15日。もなかの皮を使った若者向けの新業態をさいたま市に開く。もなかの中に入れるトッピング類を充実させたり、珍しい味のタレを用意したりする。SNS(交流サイト)で拡散しやすいメニュー提案で若い層の需要を取り込む。
店名は「福家だん吉」。1号店を大型商業施設「ステラタウン」(さいたま市)内に開く。団子やアイスをもなかの皮で挟んだ商品を提供する。主力商品の「だん吉団子」(税別200円)はぱりぱりのもなかの皮に店内で焼いた焼きたての団子を挟む。団子にかけるタレは4種類から選ぶことができる。みたらしや粒あんなどの定番以外にも、カスタードチョコやお好み焼き風など目新しいタレを用意する。同じく主力の「だん吉アイス」(同350円)はトッピングの数を充実させる。もなかの皮に挟むアイスは季節限定品も合わせて8種類の中から選べ、アイスのうえに乗せるトッピングは13種類の中から選べる。(略)

日経MJ 2016年4月10日〜アイス・団子inもなかの皮(十勝たちばな)若者向けの新業態〜より記事を紹介しました

Published by itouya on 09 4月 2016

蔦屋の「カスドース」



長崎・平戸にある老舗和菓子店「蔦屋」の代表的なお菓子「カスドース」です。
色鮮やかな黄色が目にも美味が伝わります。
製法がHPに紹介されています。
「一口大に切り分けたカステラを溶いた卵黄にくぐらせ、
熱した糖蜜に浮かべ、最後に砂糖をまぶす。」
なるほど。

平戸蔦屋

Next »